Solution 4 事業計画・資金調達

カフェ・喫茶の開業にあたり、開業資金の調達および事業計画の作成は非常に重要です。
出店場所によっても大きく費用は変わってきますが、補助金や助成金・クラウドファンディングなど、公的機関からパートナーまで、様々な開業支援ツールの活用も可能です。

こんな悩みを解決します

やりたいお店のイメージはあるが、開業資金がどれだけ必要か分からない。

資金調達が必要だが、どこに相談すればいいか分からない。

『どのようなお店をやりたいか』は整理できていますか?
また、『どのようなメニューを提供し、どのような調理器具が必要か』まで把握されていますか?
これによって、必要な初期投資費用が見えてきます。
開業資金が現状いくらあり、調達において追加でいくら必要なのか、などを整理していきましょう。

どんなことを考えないといけない?

飲食店を初めて開業するうえでは、最低でも約6か月以上の準備期間が必要と言われています。
5W2H (なぜ?だれに?なにを?どこで?いつ?どのように?どれだけ?) を整理することで、
開業したい立地(物件)が決まり、事業計画に必要な情報が集まってきます。

余裕を持った資金調達を

UCCだからこそのサポート体制があります!

UCCグループでは、カフェ・喫茶を開業する際に必要になるコーヒーマシンなどの抽出器具もご紹介が可能です。
さらに、初期投資を少しでも抑えるための、コーヒーマシンリースのご提案も行っています。

他にも、協力会社との連携によって、クラウドファンディングのご紹介や、政策金融公庫などの公的融資期間への相談などもサポート致します。

また、UCCコーヒーアカデミーでは、『カフェ開業セミナー』も開催しております。

もっと詳しく見る

資料をダウンロード

より具体的な事業計画と、それに基づいた資金調達を

開業に向けて必要な準備期間を、有効に活用しましょう!
『どのようなコーヒーを、どのように提供したいか』、『どのようなメニューをどのような調理方法で提供するのか』といったように、よりイメージを具体的にしましょう。
そうすることで、必要なコーヒーマシンや抽出器具、調理に必要な設備環境が決まっていきます。
これらを事業計画と照らし合わせながら、お店づくりを進めていきましょう。

事業計画・資金調達の
次のステップはこちら

Next Solution 5

商品計画・人材雇用

『どのようなお店づくりにするのか』を考えるのは、同時に『どのようなオペレーションで運営するのか』を考えることと同じであり、店舗に常駐するスタッフが何人必要か、といった決定要素にも繋がります。 また、イートインだけでなく、テイクアウトやデリバリーサービスにおいて、それらサービスを周辺飲食店とどのように差別化して展開するのかも、人材雇用の面だけでなく、経営戦略的にも非常に重要な企画ポイントとなります。

さあ UCC CAFE STARTUP をはじめよう

UCCではカフェ開業を検討している個人から法人の皆様の、
成功するためのポイントを具体的な内容に基づきサポートいたします!

商談・具体的なお悩みは
こちらで承ります

お問い合わせはこちら

CAFE STARTUP セミナー

お客様のお悩みをオンラインで解決!
これから飲食店を開業される方はもちろん、既に飲食店を経営しているが売上が伸び悩んでいる方へ、
戦略的なアドバイスを具体的にお伝えし課題解決へ導きます。

コーヒープロフェッショナルのノウハウが詰まった 資料をダウンロード